東電企業結び再エネ融通(「仮想発電所」分散電源束ねる~異業種の参加押し(日本経済新聞 R2.9.4(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 東京電力ホールディングスは2021年、太陽光発電設備などを持つ企業向けに「仮想発電所(VPP)」への参加を支援する事業を始める。 電力の需給調整や売電の手続きなどの業務を東電が代行する。 新たな収益源にするほか、広域の電力需給の安定にもつなげる。 VPP事業は欧州など海外勢も含めた大手が参入を予定する。 関連ビジネスの拡大で、再生可能エネルギーのコスト軽減や電気料金の引き下げが進む可能性がある。”(日本経済新聞 R2.9.4(金))
 仮想発電所とは、すごい発想ですね。 ただし、電力の需要を予測し事前に広域電力のシステムを上手に扱えば可能ということでしょうか。 AI技術とコンピューターの処理速度が向上したことが、このことを可能とするのでしょうね。