民事紛争 ネットで解決~離婚や事故 AI活用、法改正も視野~(日本経済新聞 令和元年7月7日(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 政府は離婚や交通事故といった民事紛争をインターネットで解決する仕組みづくりに乗り出す。 人工知能(AI)を活用した次世代のリーガルサービスの導入を検討する。 欧米では早く低コストで解決する手段として普及するが、日本の司法インフラは紙の手続きが前提で、IT(情報技術)化が遅れている。 今夏にも官民の有識者会議を設け、2019年度中に基本方針をまとめる。(日本経済新聞 令和元年7月7日(日))
 離婚手続きなど、相手の顔を見ることなく、手続きができることは素晴らしいが、表現により裁判官の心証を良くしたり
するという、弁護士のテクニックが使えないですね。