民泊促進へ利便性競う~新法3か月稼働率5割強ホテルより低く~(日本経済新聞 H30.9.15(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。 住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から3か月。空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」の客稼働率が55%前後となっていることがわかった。全国の旅館の平均稼働率よりは高く、ビジネスホテルよりは低い。今後、さらに利用を増やすため、民泊仲介大手の百戦錬磨(仙台市)は定額で泊まれるサービスを始めるほか、最大手の米エアビーアンドビーも割引クーポンを付与する。(日本経済新聞 (H30.9.15(土))
 一度国内の民泊に泊まってみるのも、面白いかもしれませんね。海外からの旅行者とも交流ができますし。