民泊解禁便利と安全追求~新法が施行~(日本経済新聞 H30.6.15)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 民法のルールを定める住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行され、民泊が正式解禁された。コンビニエンスストアでは鍵の受け渡しなどのサービスが始まった。民泊は訪日外国人の受け皿として、日本に観光立国の道を開く期待がかかる。ただルールが厳しいことから届出数は少数にとどまっており、期待と不安の幕開けとなった。(日本経済新聞 H30.6.15)
周囲環境の保全、消防法のクリアなどハードルの高い面はあります。