泉佐野市 逆転勝訴~最高裁「対象除外は違法」~(日本経済新聞 R2.7.1(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” ふるさと納税制度の対象自治体から除外したのは違法だとして、大阪府泉佐野市が除外決定の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が30日、最高裁であった。 第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は国勝訴とした大阪高裁判決を破棄し、
決定を取り消した。 泉佐野市の逆転勝訴が確定。 地方分権で国が制度の具体的運用を地方に委ねる場面が増える中、ルールの設定のあり方が改めて問われる。”(日本経済新聞 R2.7.1(水))
 わたくしの目からは、総務省はやや強引で、泉佐野市も少しやりすぎの感じはしたのですが、地方自治体と国との裁判はあまり多くないので、興味深いです。