法律書でもサブスク(行政文書・判例も対象へ)~テレワーク普及で需要増~(日本経済新聞社 令和2年6月29日(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 弁護士や企業の法務担当者が法律書や裁判例などを調べる「リーガルリサーチ」向けのIT(情報技術)サービスが勢いづいている。 法律系書籍は電子化が遅れ気味で神への依存度が高いままだったが、テレワークの普及でニーズが急拡大。法律書のサブスクリプション(定額課金)サービスなどが相次ぎ登場し、紙文化からの脱却が進むか期待がかかる。 「図書館が閉じていて専門書籍の閲覧ができない」「通販で買おうにも在庫切れ」-。 今春、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言化で弁護士会の図書館や大型書店が閉まったり、
通販サイトが生活用品の販売を優先したために書籍の在庫切れが相次いだりした。 このため、「調べ物」の作業に支障をきたした弁護士も多かった
という。 ”(日本経済新聞社 令和2年6月29(月))       法律書にも改定ががあって、サブスクリプションの方が有利な面もあります。