洋上風力 日本も舞台に~送電網整備が課題(海から陸へ、工事費多額に)(日本経済新聞 R1.12.18(水))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 日本では発電所から電気を送る送電線の空き容量不足が深刻になっている。 日本経済新聞社の調べでは洋上風力
の有望立地が多い北海道や東北など東日本では、送電線の5~8割で空き容量が足りないことがわかった。 送電線の
権利は大型の火力や原子力発電所で権利が埋まっており、未稼働でも今後の再稼働を目指す原発の権利は維持している。
洋上風力の計画が本格化するなか、空き容量不足を解決しなければ再生エネ活用がとん挫しかねない。”(日本経済新聞 R1.12.18(水))
電線に流せる電流は限られており、現状では再生エネ発電分の電流が流しにくい状況であると説明しています。 電線をより太いものに張り替えるとコストと時間がかかる問題があるということです。