洪水被害が頻発、基準厳格化(「豪雨ハザード」4割未改定)~主要市区 浸水区域、指定遅れで~(日本経済新聞 令和2年7月28日(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 頻発する豪雨被害を受けて厳格化した新基準に沿って見直す必要がある洪水ハザードマップについて、全国主要都市区の約4割で改定が終わっていないことが日本経済新聞の調査で分かった。 水害が激甚化する中で対応が遅れ、住民の避難などに支障が来す恐れがある。 活用に向けた周知も課題となる。”(日本経済新聞 令和2年7月28日(土))
 最近の洪水被害は想定外に被害が広がっていて、緊急避難が必要な状況になっています。 しかも、ある程度想定しながらも、毎年死者が出ていることからも、さらなる対策を考える必要があると思います。