流域の治水、官民一体で(ダム事前放流や水田貯水)~被害軽減へ地域資源活用~(日本経済新聞 R2.8.24(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 豪雨による河川氾濫が相次ぐ中、ダムや堤防の建設だけでなく、流域の官民が一体となって対策を打つ「流域治水」の試みが広がっている。 水田を遊水地に利用し。事前にダムを放流して貯水力を高めるなど、地域資源を活用して被害を減らす狙いだ。 効果を上げるには、関係者の連携が欠かせない。”(日本経済新聞 R2.8.24(月))
 自然は、様々な要素を絡めて存在していますので、日常の状況に改めて目を向けて、活用していくことは非常に有益であると思います。