深刻ないじめ 集め分析へ~文科省教師に周知、再発防止~(日本経済新聞 H31.2.9(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 いじめで子供の心身に大きな被害が出るなどした重大事態について、文部科学省は全国の自治体から調査結果を集め、経緯などを分析する方針を決めた。深刻な状況に陥った理由などを分かりやすく整理し、教師らに周知することを検討。2019年度にも分析結果を出したい考えだ。(日本経済新聞 H31.2.9(土))
 いじめや虐待などは外部から見たときには判断しにくいものだと思います。やはり、これまでの経験や事実を分析することは重要であると思います。こういうことで、「AI」の活用もできるのではと思います。