減災へ土地開発規制も(台風被害の深刻化で)~治水、早期回復を重視~(日本経済新聞 R1.11.23(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 国土交通省は22日、各地で大きな被害をもたらした10月の台風19号など激甚化する水害を受け、新たな対策の検討を始めた。 水害リスクの高い土地の開発規制、集団移転などを含む街づくりと一本化した対策作りを進める。 気候変動で想定を超える降水量の増加や海面上昇が懸念されるとし、インフラ整備だけでなく、様々な洪水の発生を前提にして減災や被害からの早期回復に重点を置く。”(日本経済新聞 R1.11.23(土))
 昨今の台風被害は想定外のものが多いですね。 土地開発における計画変更も必要でしょう。