無電柱化の機器(路上変圧器)~観光・防災に活用~(日本経済新聞 H31.3.22(金))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 国土交通省が街路の無電柱化に伴って設置される「路上変圧器」を防災・観光情報の発信に活用する計画を進めている。
変圧器への広告掲載を解禁し、電力会社や自治体が広告費をもとにデジタルサイネージ(電子看板)を運営できる仕組みを
作る。電力の確保が容易な利点があり、実証実験を経て早期の実用化を目指す。(日本経済新聞 H31.3.22(金))
 無電柱化が完成すると、景観が素晴らしく良くなります。