産業ビッグデータ流通促す~政府 悪用防止、ルール整備へ~(日本経済建通新聞 令和2年6月20日(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 製品やサービスから収集する「産業ビッグデータ」の流通を促すため、政府はデータの悪用や流出を防ぐルールを作る。 膨大なデータを持ち寄れば、革新的な技術やサービスの創出が期待できる。 企業などが安心してデータのやりとりができる環境の整備を急ぐ。 7月をめどに開く陶業イノベーション戦略推進会議(議長・菅義偉官房長官)で議論を始める。”(日本経済建通新聞 令和2年6月20日(土)) 行政の規制緩和一番の問題でしょうね。