省庁、データ表記統一へ~年度内にルール 早期活用が課題~(日本経済新聞 R2.9.13(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 個人の名前や地名などに使う感じの表記やデータの形式は省庁ごとにバラバラ―。 政府がそうした実態の見直しに動き出した。 2020年度中に表記の統一ルールを決める。 早期に各省庁のシステムに反映させ、行政手続きの効率化や民間を含めたデータ活用につなげることが課題となる。”(日本経済新聞R2.9.13(日))
 これは統一して頂きたいですね。