石炭火力抑制に転換(低効率100基、休廃止方針【経産省】)~高依存 世界から批判~(日本経済新聞 令和2年7月3日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
“ 経済産業省は低効率な石炭火力発電所の休廃止に乗り出す。 低効率とされる約100基のうち9割にあたる100基程度を対象とし、2030年度までに段階的に進める。 国際社会の強い批判に応える狙いだ。 ただ急激な抑制には電力各社の反発も強く、経産省は低効率型の休廃止を進める一方、高効率型の発電所は維持する方針。 欧州の全廃路線とは一線を画すことになり、どこまで理解を得られるかが微妙だ。”(日本経済新聞 令和2年7月3日(金))
全てを廃止するのではなく、使えるものは活用しながらがよいと思います。