石炭火力輸出支援せず(「CO2削減とセット」条件に)~政府、国際批判受け修正~(日本経済新聞 R2.7.9(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 政府は新興国などへの石炭火力発電所の新たな輸出について原則といて支援しない方針を固めた。 温暖化ガス削減技術とセットにすることなどを要件
にする。 石炭火力は地球温暖化を招く二酸化炭素(CO2)を大量に排出する。 石炭火力の輸出に公的支援を続ける日本への国際社会の批判を受け、政策
を修正する。”(日本経済新聞 R2.7.9(木))
 欧米の批判も的を得ている場合とそうでない場合があるので、日本政府もきっちりと説得力のある説明能力が今後は求められてくるものと思います。