石炭火力 輸出厳格に~政府方針決定 高効率の未支援~(日本経済新聞 R2.7.10(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 政府は9日、新興国などへの石炭火力発電所の新たな輸出について、公的支援の条件を厳しくする方針を決めた。 対象を従来より高効率の設備に限り、輸出先の脱炭素政策の後押しになる場合だけとする。 環境対策の状況を十分
に把握できない国は原則、支援しない。”(日本経済新聞 R2.7.10(金))
 原子力もダメ、太陽光などの省エネも扱いにくいなどもあり、どの方向にするか政府の方針をある程度固めていく必要があるようです。