石炭火力100基 休廃止(30年度までに)~政府方針、低効率の9割~(日本経済新聞 R2.7.2(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 経済産業省は二酸化炭素(CO2)を多く排出する低効率な石炭火力発電所の休廃止を促す。 2030年度までに段階的に進める方針だ。 石炭火力発電所を保有する企業ごとに発電量の上限を定めて徐々に引き下げる仕組みを
想定する。 高効率の新型発電所は維持・拡充する。 環境重視の姿勢を打ち出し、再生可能エネルギーの普及に努める。 ”(日本経済新聞 R2.7.2(木))

原子量発電も安全運転を前提に検討の対象にはすべきかと、個人的には感じていますが。