税や司法 人材育成に手探り(実務・習熟度へ影響懸念)~オンライン授業に変更も~(日本経済新聞 R2.4.18(土・夕))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 税務や司法など担当する行政機関で、新人職員などの研修をオンライン講義に切り替えたり延期したりする動きが相次いでいる。 寮などに大人数で寝泊まりして専門職としての基礎をみっちり学ぶ伝統があるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて対応を迫られている。 関係者からは実務への影響や知識の習熟度に差が出ることを懸念する声も上がっている。”(日本経済新聞R2.4.18(土・夕))
 税務署や裁判所を支える職員には、均一的で専門性の高い知識が要求されますので、コロナの影響で教育の部分で不足があると最終的にはわれわれの行政サービスへの質が低下することになるのですね。