空地売却で税軽減~政府・与党調整 最大100万円控除~(日本経済新聞 R1.11.27(水・夕))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 政府・与党は土地活用に関する税制を一体的に見直す。 長く未利用の空き地について売却寺jの税負担を減らし、手放ししやすくする。 比較的価格の低い土地を対象に、売却益から最大100万円を控除する方向だ。 すでに所有者が不明の土地については使用者が所有者に代わって固定資産税を払う制度を導入し、税負担の不公平を是正する。 未利用の空き地は地方を中心に増えている。 国土交通省の2013年の土地基本調査によると、利用されていないか利用が少ない土地は全国に1413平方キロメートルある。 東京23区の面積の2倍以上で、このうち空き地や原野が約7割を占める。”(日本経済新聞 R1.11.13(水))
 あらゆる手を使って、空き地対策を進めているようですね。