統計職員に専門資格~政府、不正の廃初防止策~(日本経済新聞 令和元年11月20日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 ”政府は統計不正の再発防止に向けた対策案を固めた。 当頚損門職員の資格を創設し「統計データアナリスト」と認定する。 統計に関わる各省庁の職員に資格を求め、統計部局には有資格者の配置を義務付ける。第三者の目で精査するため、各省庁に「統計監理官」のポストもつくり、民間人の起用を求める。”(日本経済新聞 令和元年11月20日(水))
 諸外国と比較して統計の専門家の数が驚くほど日本は少ないということです。 AI技術者の不足、情報処理科目を持つ大学の数の少なさなど、将来に向けての教育への投資も必要に感じます。