線量評価や診療指針整備~東海村臨界事故20年治療格差を解消~(日本経済新聞 R1.10.1(火))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 原子力事故などによる被ばく医療体制の向上に向け、量子科学技術研究開発機構(千葉市)は、線量評価や診療に関する共通指針の整備を進めている。 全国の原子力災害拠点病院などで治療内容の施設間格差を解消する狙い。今後2,3年での指針策定を目指す。(日本経済新聞 R1.10.1(火))
 想定外ということは、今はあり得ませんので、最悪の事態を想定して備えていただきたいです。