能力評価制度の運用開始(21年度に職種別の標準見積書も改訂)~専門団体参加協議会が発足~(建通新聞 令和2年4月9日(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 標準キャリアアップシステム(CCUS)の登録情報を活用して技能者の技能レベルを4段階で判定する「季節技能者の能力評価制度」で、能力評価実施団体である専門工業団体が参加する協議会が4月1日に設立された。 技能者のレベル判定の基準となる能力評価基準も、当面の対象である全35職種認定を受ける。 国土交通省は、技能レベルの判定がスタートすることに伴い、技能レベルを技能者の賃金上昇に結び付ける制度づくりを本格化させる。”(建通新聞 令和2年4月9日(木))
 能力と賃金が適正に対応している賃金体系が望ましいのですが、能力の判定が一番難しいのです。