自然生かし電力・熱自給(広がるエネ地産地消)~産業振興効果も期待~(日本経済新聞 R2.4.27(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 地域でつくり出した電力や熱で地元施設の需要をまかなう「エネルギーの地産地消」が各地に広がっている。 小水力発電や山林の間伐採を利用した木製バイオマス燃料、地中熱など、規模は小さいが自然環境を生かした試みが目立つ、再生可能エネルギーを活用することで二酸化炭素(CO2)の排出を減らすだけでなく、地元企業の事業拡大など産業振興の効果も期待されている。 岡山北部の津山市。 キャンプ場で使う小型の電気自動車(EV)や電動アシスト付き自転車などの充電に、流水を使った小水力発電を活用する試みが官民で検討されている。 発電装置を設置したのは環境保全機器の製造・販売のエリス(岡山市)。
JA晴れの国岡山(同県倉敷市)が所有する放水路の水を利用し、低い落差や少ない流量でも水車が回り、効率的に発電できる。 ”(日本経済新聞R2.4.27(月))
地熱発電が普及するとほとんど永久発電となりますね。