裁判ウェブ会議コロナで存在感~出頭せず民事訴訟手続き~(日本経済新聞 令和2年7月4日(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 民事訴訟の手続きをオンラインで進める「ウェブ会議」を導入している14裁判所が、4~5月に計167件のウェブ会議を実施したことが各裁判所への取材で分かった。 新型コロナウイルスの影響で裁判所の対面業務はほぼ停止していたが、ネット経由では一定程度手続きが進んだ。 裁判のIT化の利点と必要性が改めて示された形だ。”(日本経済新聞 令和2年7月4日(土))
 裁判の正当性及び争っている当事者への公平性が担保された中でのウェブ裁判が可能かどうかはわかりませんが、IotやAIを活用して煩雑で長期化しやすい調査や手続きを効率化・簡略していくことも重要ではないでしょうか。