裁判員に「刺激証拠」賛否~被害者遺体や血痕の写真~(日本経済新聞 令和元年6月15日(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 被害者の遺体写真などショックを受けやすい証拠を裁判員裁判でどう扱うか、法曹関係者の間で賛否が分かれている。
裁判所は裁判員に精神的な負担を与える恐れがある証拠の採用には慎重だが、検察は事件の真相理解のために必要と訴える。 専門家は「必要な証拠なのか法曹三者で議論を重ね、共通認識を作り上げる努力をすべき」と指摘する。(日本経済新聞 令和元年6月15日(土))
そのような写真を見たことはないが、見たいとは思いませんね。