豪雨被害精密に予測【地区を細分化過去の災害データ活用】~避難行動など後押し~(日本経済新聞 R1.5.6(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 豪雨災害の被害軽減に向けて、気象データを住民に伝える情報網の整備が進んでいる。 防災科学技術研究所や日本気象協会は、記録的な豪雨の際に住民の避難を促すため、災害が起きる危険性を具体的に予測するシステムを開発する。 過去の土砂崩れや洪水などと降水量を関連づけ、現時点の危険度を示す。2022年度までに自治体の防災関係者などに情報提供開始を目指す。(日本経済新聞 R1.5.6(月))
 昨年の豪雨はすごかったですね。あらかじめ、予測できることは非常に安心感があります。