足りぬボルト建設遅れ拡大~五輪や再開発で需要増~(日本経済新聞 R1.5.12(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 建物の柱や梁(はり)を結びつける「ボルト」が不足し、建設工事の遅れが相次いでいる。 2020年開催の東京五輪関連や都心再開発に伴う建設工事が首都圏で増加。需要拡大に供給が追い付かず、地方都市でも子育て施設や橋などの整備の遅延が起きている。ボルトの品薄は続く見込みで、市民生活や経済活動への支障が増えそうだ。(日本経済新聞 R1.5.12(日))
 ボルトのようなものが品薄となるなんで本当に想定外です。