転職8年連続で増~昨年4割が中高年、流動化進む~(日本経済新聞 H31.4.28(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 国内で雇用の流動化が徐々に進んでいる。2018年の転職者数は17年比5.8%増の329万人と8年連続で増えた。人手不足に悩む企業が中途採用を増やし、IT(情報技術)やサービス業に人材が移っている。 中高年がより高い収入を狙って転職する動きも出ている。ただ人の動きの活性化を生産性向上につなげるには課題もある。         (日本経済新聞 H31.4.28(日)) 

数字的には、なんとなく理解できますが、転職するとなると新たな人間関係に馴染んでいく事になるので、それは
それで大きな精神的負担も伴うと思います。