農地情報 デジタル地図に~農水省が一元化 規模拡大後押し~(日本経済新聞 令和2年2月3日(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 農業政策にかかわる情報や手続きをデジタル化する取り組みが動き出した。 人工衛星のデータを基に農地の
「デジタル地図」を作り、部署ごとにバラバラだった情報を一元化する。 各地の農政担当者が規模拡大をめざす
農家への農地集約を進めやすくする。 補助金の手続きもオンライン化し、農家や自治体職員らの事務も効率化する。 デジタル技術の進化を行政面の改革にも役立てる。 農林水産省は「農業デジタルトランスフォーメーション(農業DX)」の標語を掲げてデジタル化を進める。 農業では自動運転の農機が現れ、収穫を管理するソフトウェアが普及するなどIT(情報技術)の活用が広がっており、農水省も政策面のデジタル化を急ぐ。”(日本経済新聞 令和2年2月3日(月))
 AIなどの技術はすべての分野で使用可能であり。 衛星からの気象情報や位置制御などあらゆる面IOT技術を駆使すれば農業の自動化も夢ではなくなるのかもしれません。 情報をいかに活用していくかが今後の技術の主流になるでしょう。