近畿地整 7月豪雨対策に26億余から円山川など7件の対応急ぐ~(建通新聞 H30.10.18(木))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 国土交通省近畿地方整備局は、7月豪雨による災害対策緊急事業推進費として26億円余りを配分。兵庫県の円山川や京都府の由良川など7件の対策を急ぐ。内訳は河川改修が5件(25億2200万円)で大半を占めた。直轄工事は河川改修だけで、再度災害防止のために河道掘削や法枠工などを実施する。他2件は道路、公園各1件の補助事業となる。(建通新聞 H30.10.18(木))
7月の西日本豪雨大変でしたね。政府の対策は重要です。