送電網、再生エネ優先(経産省)~普及へ利用ルール見直し~(日本経済新聞 令和2年7月3日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 経済産業省は太陽光や風力など再生可能エネルギーの事業者が送電網を優先的に利用できる仕組みを作る。 送電量が大幅に増えた場合に、再生エネの発電を制限する現在のルールを見直す。 経産省は低効率の石炭火力発電所の休廃止を進める方針で、再生エネの普及を後押しする。”(日本経済新聞 令和2年7月3日(金))       変化に対応することも大切ですが、発電所の選別も100か0かではなく、比率を考えながらバランスよく
配置することがよい気がするのですが。