送電網整備へ規制見直し~クラウド支えるデーターセンター~(建通新聞 令和元年6月14日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。  私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に
活動している行政書士です。
 クラウドサービスを支えるデータセンターが電力需給に影響を与えようとしている。 サーバーなどを多く持つため電力消費が大きく、送電網の整備が追い付かない恐れがある。経産省は規制を緩めて電力会社に対応を求めるが、費用は電気代として広く国民負担になるだけに、適切なコスト管理が欠かせない。データーセンターはインターネット用のサーバーやデーター通信などの装置を設置・運用するための専用施設。クラウドサービスの広がりを背景に新設が相次ぐ。 政府内で民間調査をもとに試算したところ、データーセンターの電力需要は18年時点で国内の1.5%、28年には5%に
なるとの結果が出たという。(建通新聞 令和元年6月14日(金))
 以外にデータセンターは電力を消費するということですね。