速度取り締まり神出鬼没 移動式装置全国で導入進む~狭い道・通学路事故防ぐ~(日本経済新聞 H30.11.2(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 移動式の速度違反取り締まり装置を導入する動きが全国の警察に広がっている。神出鬼没に取り締まり地点を変えることでドライバーの緊張感を高め、速度超過への注意を促して事故を防止するのが狙い。近畿では滋賀県警が9月に導入し、兵庫県警は11月にも運用を始める。(日本経済新聞 H30.11.2(金))
 これは怖いですね。しかし、倫理的には最近新聞紙上でも悪質な交通事故が記事になっていますので、効果的なものは歓迎です。