道路に磁気マーカー埋め込み~簡易自動運転 普及後押し~(日本経済新聞 R2.4.3(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 道路に埋め込んだ磁気マーカーなどに沿って自動車を走行させる簡易な自動運転サービスが過疎地などで広がりつつある。 決められたルートを走るため、大手自動車メーカーが開発を進める自動運転車に比べ、高度な技術が不要で実用化しやすい。 国土交通省は道路法の改正などでサービスを導入しやすい環境をつくり、普及を後押しする考えだ。                    【国交省、過疎地域の足に】
 磁気を利用した自動運転は、道路に埋め込んだマーカーや誘導戦に沿って、決められたルート上を車両が走行する仕組みだ。 ゴルフ場のカートにも同様の仕組みが活用されている。 車両事態で自動走行するタイプの自動運転を補助する役割もあり、全地球測位システム(GPS)の精度が低下するトンネルや停車位置が決まっているバス停などで車両を正確な走行位置に誘導できる。
・・・(中略)・・・
免許返納などで運転できない高齢者が増えているほか、過疎地ではバスやタクシーといった公共交通を維持できない地域もある。 国交省道路局の担当者は
「道路に磁気を埋め込むだけで簡単に自動走行が可能になるため、運転手不足の地域などで地域の足として普及させたい」と話している。 ”(日本経済新聞 R2.4.3(金))
この方法は、実用的で面白いですね。 確かに、地方では、自家用車がないと生活がかなり不便であると思います。