道路舗装で太陽光発電(ミライラボ、EV給電も)~中日本高速など CASE対応~(日本経済新聞 R1.11.13(水))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 「眠れる資産」とされた道路に、最新テクノロジーを実装する動きが広がっている。 新興企業のMIRAI―LABO(ミライラボ、東京都八王子市)は太陽光パネルを装備した道路舗装を開発した。 中日本高速道路は道路に埋め込んだセンサーを使い、自動運転で必要なデータを発信するシステムを開発している。 車の電動化など「CASE」の普及をにらみ、総延長約128万キロメートルに及ぶ道路の価値の掘り起こしが本格化する。”(日本経済新聞 R1.11.13(水))
 道路がエネルギー資産になるとは。