鉄筋コンクリ離れ進む(日本経済新聞 H30.5.30)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 鉄筋に使う棒鋼のメーカーが苦境に立たされている。建設資材の需要は首都圏の再開発や東京五輪関連施設向けが活況を
呈しているが、鉄筋コンクリート造(RC造)から鉄骨造(S造)への工法シフトで棒鋼への波及は限定的だ。棒鋼各社は生き残り策を模索している。(日本経済新聞 H30.5.30)
人手不足のために各方面に影響が出ています。