防犯カメラ専従員1.5倍~大阪府警20年度 映像分析に重点~(日本経済新聞 令和2年3月26日(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
“ 大阪府警は2020年度、防犯カメラ映像の収集・分析に専従する捜査班の人員を従来の約1.5倍の69人に拡充する。 街頭などで不審者の映像をたどり足取りを特定する「リレー方式」による操作を強化。 事件の早期解決につなげる。
4月1日、「犯罪抑止戦略本部」を「犯罪対策戦略本部」に改称。 同本部で防犯カメラ操作に専従する人員を25人増やす。 府警は20年度中、画素数を大幅に向上させた最新型の防犯カメラ157台を大阪・ミナミの繁華街に導入。 通行人の顔や車両の色などの特徴から映像を抽出できる機能も備え、捜査の効率化を狙う。”(日本経済新聞 令和2年3月26日(木))
 大変今期の櫃ヨナ仕事ではありますが、犯人逮捕に向けての効果は相当なものだと聞いております。