降雨量AI予測・事前放流を拡大~ダムの洪水対処能力 倍増(公共事業、ソフト重視に)~(日本経済新聞 令和2年2月7日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 政府は台風などによる洪水被害への対処能力を倍増させる。 降雨量を精緻に予測し、事前にダムの水位を減らす仕組みをつくる。 従来はダムの新増設に巨額の費用と時間を費やしていたが、既存のインフラや人工知能(AI)を有効活用して効率を高める。 ソフト重視で旧来型の公共事業のあり方を見直す契機となる。 菅義偉官房長官が「既存ダムを最大限に活用した新たな運用を開始する」と指示したのを受け、政府内で対応策を練ってきた。 関係省庁やダムを所有する電力会社などとの調整を進めており、今夏にも降雨を一時的にダムにため込む洪水調節容量を現在の2倍に増やすメドをつけた。”(日本経済新聞 令和2年2月7日(金))
 一部の地域の洪水対策のためのダム建設はかなりの費用と時間がかかるが、全体的なダムの活用を衛星とAIによる台風襲来を予測し、ダイナミックな事前放流を行う計画である。 今後はやはりこのようなAI技術を駆使した災害対策は本当に重要であると感じています。