離婚「子に会えぬのは違憲」集団提訴~共同親権議論広がる~(日本経済新聞社 令和元年11月25日(月・夕))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 離婚後に父母の一方にしか子の親権を持てない「単独親権」の見直しを求める声が強まっている。 親権を持たないため子どもに自由に会えなくなったという父母らが22日、現行制度は違憲として集団提訴した。 単独親権を採用する国は先進国では珍しく、離婚後も子育てに関わり続けたいという人は増えるなか、共同親権導入の是非を巡る議論も進んでいる。 「離婚や別居をすると、なぜ愛する子どもと会えないのか」。離婚などで子の養育に関わるのが難しくなった8都道府県の男女12人が22日、国に計1200万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こし、都内で記者会見した。 弁護士によると、単独親権制度を違憲として国に賠償を求める集団訴訟は初めてという。”(日本経済新聞社 令和元年11月25日(月・夕))
 内容もさることながら住民の訴訟ととして、裁判の行方にも非常に興味が沸きます。