電気系統トラブルか~首里城火災 正殿北東側で光点滅~(日本経済新聞 R1.11.6(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 ”那覇市の首里城で木造3階建ての正殿などが消失した火災で、出火前後、正殿1階北東側で大きな光が点滅し、その後煙が出ていいる様子が防犯カメラに映っていたことが5日、関係者への取材で分かった。 沖縄県警は1階が火元とほぼ断定。 放火の可能性は低いとみており、電気系統のトラブルによる減少の可能性もあるとみて調べる。 正殿では10月31日午前2時34分、熱に反応するセンサーが作動。 関係者によると、その前後に正殿裏手に当たる東側の建物に設置されていた防犯カメラに光が点滅する様子が映っていた。”(日本経済新聞 R1.11.6(水))
 火事の時はよく電気系統のトラブルは良く疑われます。 通常は、これほどの施設では、万全を期しているはずともうのですが。