首里城再建 職人動く(建材担い手不足課題)~技術継承の仕組みつくる~(日本経済新聞 令和元年11月7日(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 ”火災で大部分を消失した首里城(那覇市)の再建に向けた動きが広がってきた。 前回の1992年の復元に携わった技術者や職人が、沖縄のシンボルの早期再建に動き始めたほか、寄付など支援の輪も広がる。 正殿を含む主要施設7棟が焼けた惨事から7日で1週間。 木材や瓦などの建材や、伝統の技法を知る職人の不足など課題は少なくなく、再建には長い時間と険しい道が予想されそうだ。”(日本経済新聞 令和元年11月7日(木))
 特殊な瓦や職人の技術など伝承するのが難しいのが現状のようです。 AIなどの現代技術の粋を駆使して何とかならないのでしょうか。