高槻の火災 書類送検~モノタロウ社員ら ガス漏出疑い~(日本経済新聞 令和2年2月14日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 大阪府高槻市で2019年7月、産業廃棄物処理運搬会社「今村産業」の倉庫が燃え4人が死傷した火災で、スプレー缶がガス抜き作業中に爆発を起こしたとして、府警捜査1課は13日、工具通販会社「MonotaRO(モノタロウ)」
(兵庫県尼崎市)の社員(当時36)らが死亡した3人を含む男性4人をガス灯漏出致傷の疑いで書類送検した。 同課は同日、産廃の収集運搬送の許可を受けていない運送会社にスプレー缶の運搬を委託したなどとして、死亡したモノタロウ
社員と法人としての同社なども廃棄物処理法違反の疑いで書類送検した。”(日本経済新聞 令和2年2月14日金))
 スプレー缶を処理する方法も不適切であるし、廃棄物処理法からも規制を違反しているということであれば、それなりの罰則は受けるようですね。