高齢者運転技実車試験で確認~警察庁、事故多発で検討~(日本経済新聞 R1.8.30(金))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に
活動している行政書士です。
 高齢ドライバーの交通事故が社会問題になるなか、警察庁が高齢者を対象として運転技能を確認する実車試験の導入を検討していることが分かった。 安全機能を備えた車に限って運転を認める「限定免許」の対象とするかどうかの判断に使うことを想定しているが、実現には課題も多い。試験ではハンドルやアクセル、ブレーキの操作に危険な運転の兆候がないかどうかを確認するとみられ、試験の具体的な内容や結果の判断基準を今後詰めることになる。  ・・・(中略)・・・  
現在、75歳以上の免許更新では認知機能検査が義務付けられており、検査を経て医師に認知症と診断されれば免許取り消しか停止になる。高齢者の事故原因はブレーキとアクセルの踏み間違いなどの操作ミスが多いため、専門家からは別に運転技術についても確認の必要があるとの指摘が出ていた。(日本経済新聞 R1.8.30(金))
 高齢者も個人差がありますので、このあたりの更新については、これからですね