ABB事業買収7000億円~日立、送配電など20年めど~(日本経済新聞 H30.12.18(火))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 日立製作所は17日、電気を発電所から企業や家庭に届ける送配電など電力システム事業を、世界最大手のスイスABBから買収すると正式に発表した。2020年前半をめどに約7000億円で8割程度の株式を取得する。日立のM&A(合併・買収)では過去最大だ。火力発電など国内中心の従来事業で稼ぐのが難しくなか。システム事業で海外展開を急ぐ。(日本経済新聞 H30.12.18(火))
 インフラ産業は東日本大震災を境に海外向けに、需要を求めていっているようです。