AI・IT使い民事紛争解決~政府が検討会~(日本経済新聞 R1.9.28(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 政府は27日、離婚や交通事故などの民事紛争を人工知能(AI)やIT(情報技術)を使って解決するための検討会を開いた。 裁判にはコストも時間がかかることから、欧米では当事者間がインターネットで争いを解決する仕組みが普及している。 欧米の導入例を学び、日本でも活用の方法を探る狙いがある。 検討会には裁判外紛争解決手続き(ADR)に詳しい大学教授や電子商取引を扱うビジネス関係者が参加した。 政府は2019年度内に複数回会議を重ね、年度内のとりまとめを目指す。(日本経済新聞 R1.9.28(土))
 裁判は過去の判例は十分配慮されることになりますから、AIは向いているのかもしれません。