GPSで海外旅行安全に(観光庁 日本人向け新システム)~災害やテロ時に避難誘導~(日本経済新聞 H31.4.1(月))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを2019年度につくる。全地球測位システム(GPS)で
位置を把握し、災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする。旅行者の安否情報を集めるシステムをまず立ち上げ、誘導機能を追加する。海外旅行の安全性を高め、日本からのアウトバウンド(海外旅行客)の増加を図る。
 (日本経済新聞 H31.4.1(月))
 観光立国を目指していくには、ハイテクの活用も必要なのかもしれません。