IR「万博と相乗効果」幻に(大阪府・市「開幕前」を断念)~MGM、コロナで延期要望~(日本経済新聞 R2.3.28(土))

私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府・市は27日、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕前の開業を断念することを明らかにした。 新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている事業者側に配慮。 提案書類の提出締め切りなどを先延ばしする。 万博とIRの相乗効果を期待していた府・市が、ついに同時開業の旗を降ろした。”(日本経済新聞 R2.3.28(土))
 思うようにはいかないようです。